2015年5月21日木曜日

誕生日プレゼント




先日、双子が12歳になりました。

誕生日プレゼント選びは、
娘は今のが小さくなったので新しいトゥシューズと
呉竹のクリーンカラーリアルブラッシュ、とご指名でしたので簡単でしたが、


ブロックのセレナーデです。初心者でも履きやすいそう。


息子の欲しいものはフットサルのシューズと腕時計。
どんなのかは任せる、というのであれこれ悩みながら選びました。

フットサルシューズは足にあっているアシックスに即決。
問題は腕時計。

息子の細〜い手首にもフィットして、
でも来年は中学生なのでキッズ用ではなくて、
公園に行ったら最後、約束までに戻って来ないのでできればアラーム付き、
陸上競技もやっているのでストップウォッチ機能もあればいいかも、

というわけで、Baby-Gを選びました。




Baby-Gってわたし的にはとても懐かしくて。
昔すごく流行った時に、免税店で限定モデルを買った思い出があります^^;

これなら時々借りちゃおうかな、という目論みも(笑)あったのに、
気に入り過ぎて貸してはもらえなさそう...

文字盤が大きくない(逆に大人の男性には小さすぎるかも)のと、
ベルトの穴がすごく細いところからあるので、
お子さんにおもちゃじゃないデジタル時計をお探しの方には
Baby-Gはとってもおすすめです♪




2015年5月20日水曜日

今年もイチゴを漬けました


連休前後は慌ただしく、ご無沙汰の更新になってしまいました。

今年も安いイチゴを大量にゲット。




なんとかイチゴシロップ作り、駆け込みで間に合いました。




広口ビンいっぱいだったイチゴが、たった一晩でこの通り。
氷砂糖が全部溶けて、イチゴからも水分が出尽くすまで冷蔵庫で待ちます。


berryつながりでジューンベリー。

庭のジューンベリーがわさわさと茂ってきたので少し枝を落としまして、
ちょうど実をたくさんつけていて可愛らしかったので部屋に飾ってみました。




まだ初夏のドウダンの枝が手に入らないので、爽やかなグリーンが嬉しい。

固く青かった実も、健気にも室内で赤く育ってきました。




そして熟した実はいつの間にか子どもの口に入っているようです^-^;




2015年4月24日金曜日

ムートンの丸洗い


暑くもなく寒くもなく。
湿度も低く、冬物のお手入れにもってこいの気候が続いています。

暖房器具、まだ出してたの!?と笑われそうですね。

新学期が始まったころのあの肌寒い長雨の日々、
そばで靴を乾かしたりもできるアラジンストーブが重宝しました。

でも寒かった一階のトイレも、さすがにもうヒーターがなくても大丈夫。

そろそろ片付けます。




主にエアコンと床暖房なので、数は少ないです。

ホコリを払ってそれぞれの収納場所へしまいます。
ではまた半年後に!

+++

ソファに敷いていたムートンラグの毛の手触りがぼそぼそと固く、
ブラッシングをしてもすぐ毛束になってしまうようになりました。

コストコでも買えるお手頃ムートンなので、
クリーニング代をかけるのもなんだか惜しく、、バスタブで丸洗いです。

ぬるま湯にウール用洗剤を溶かしてバスタブで漬け置き洗い。
その後二度ほど水を入れ換えてすすぎ洗い。
必要以上に皮革の油分を奪わないようにすすぎは冷たい水で頑張りました。




洗濯機で脱水をして干します。

ポイントはまだ毛が湿っているうちにブラシをかけて毛束をほぐしておくこと。
乾いてからでは大変になります。




裏のなめし革にはミンクオイルスプレーなどで保湿をしてあげるといいそう。
私はそれを怠ったので、
乾燥したらちょっとごわっとした手触りになってしまいました(T_T)

それでもぼさぼさだった毛は、
新品の時のようにサラサラふわふわの状態に戻ったので感激です。




完全に乾燥したらダイソンクリーナーで遊び毛をお手入れして、
保管袋に入れてこちらも半年後までしばしの別れです。

ダイソンのモーターヘッドブラシをかけると、
ブラッシングしたような効果もあると前に書きました。

冬の間使っているウールの敷きパッドです。




100%ウールの敷きパッドは、暖かくて肌触りも良く最高なのですが、
毛足が長いので実はけっこうお手入れが大変。
まめにブラシをかけないと、
毛がだんごになって放っておくとフェルト状になってしまいます。

そんな敷きパッドを洗濯機で洗ってただ乾かした状態が
半分より上の部分。
毛束が固く絡まって、かなりくたびれた感じ。

下半分はダイソンをかけたところです。
ブラシで梳きほぐしたようにふわふわになりました。

そしてクリアビンの中には、
繊維ホコリやその他の何か(?)が溜まります。
ちょっとここではお見せできないレベルです(^_^;)

この敷きパッドも、次の冬までさよならです。
ふわっふわにしてあるので、また使うのを楽しみに。

代わって麻のシーツをかけました。
ざらっとした肌触りが新鮮で気持ちが良いです。



2015年4月17日金曜日

端午の節句の飾り


かなり久しぶりの更新になってしまいました。
春休みに入った途端、パソコンすら開かない日々になるのは
そういえば去年も同じでした^-^;

今年も同様、毎日お昼ごはんを四人分作る生活が3週間続いて、
新学期に入りやっと給食が始まりホッとしています。

雨つづきの新学期。
冬物のお手入れと片付けもままならないお天気ですが、
気がつけばもう四月も中旬!
久しぶりに晴れた今日は端午の節句の飾りを出しました。

こいのぼりのモビール。




リビングから見える階段の吹き抜けにさげました。

このモビールの箱に入っていた和紙のリーフレットの説明が素敵なんです。


江戸モビール

ひそかにゆれるモビール
かすかにそよぐモビール
まずお手にとつて閉ぢてあるところを解いて目の高さにさげてごらん下さい。
和洋室内のどこえさげてもよいのです、
もちろん風鈴のように風を呼ぶものではありませんから閉ざした室です。
その中で離れた位置にある人のたたずまいにもしのびやかに應えます。


今も子どもたちの気配でゆったりと泳いでいます。
雨の日も夜の間も、一日中室内で楽しめて本当におすすめです。


サイドボードの上にはガラス製の兜を飾りました。




日の出ガラス工芸社の津坂陽介さんのものです。

ずっしりとしたガラスの兜はコンパクトだけれどとても存在感があります。

夜は照明の光を受けて、さらにガラスが煌めきます。




今年も息子が元気に成長するようにと願いを込めました。

でもまずは、今年は身長が伸びるといいな(笑)


また新年度もよろしくお願いいたします。













2015年3月13日金曜日

ストウブで こねないパン


今さらなのですが、ストウブを使ったこねないパン。

室温で置いておくので、部屋の温度が高い春先から秋口は避けようと思っていて、
ポカポカ陽気の季節が来る前に初挑戦しました。

全面的にこちら→を参考にさせていただきました。
とても分かりやすく、しかもユーモアがあって面白いです。

強力粉400g、塩6g、イースト1g、水300cc

ひとつのボウルに全部入れます。ノンシュガー、ノンオイル。




17:00 材料をグルグルっとかき混ぜました。




ここで、こねたくなるけどなんとか我慢(笑)
ラップをして、暖房のないところに置いておきます。

翌日11:00 材料を合わせてから18時間後です。




おぉ〜、ちょっと膨らんで、ガスも発生しています。
成形して、二次発酵に入ります。

台に出そうとボウルを傾けてもこの状態。
ただ簡単にかき混ぜて放置しただけなのに一次発酵成功です。




打ち粉をした台の上で平らにのばして四方を真ん中に向けて折りたたみました。




クッキングシートを敷いたボウルに移して、室温でさらに二時間放置です。




二次発酵が終わる30分前になったら、オーブンの余熱を始めました。
250℃にセットし、蓋をした20cmの空のストウブもオーブンの中へ。

13:00 二次発酵終了。




約1.5倍に膨らみ、表面に弾力が出ています。

オーブンで予熱したストウブにクッキングシートごと入れて蓋をしました。

250℃で30分後、




蓋をしていたのに、表面はうっすらときつね色です。

蓋を外して230℃でさらに15分。




焼き上がりました。
香ばしい匂いがキッチンに充満しています。
パチパチとパンの表面のはぜる音が聞こえます。

粗熱が取れたら切ってみます。




中身もちゃんとパンです(笑)

皮は香ばしくてパリパリで、中はモッチリとしています。
お砂糖は使っていませんが、噛んでいるとパン本来の甘みが感じられてきます。

こねていないのに美味しい、ではなく、
本当に普通に(?)美味しいパンです。ちょっとびっくり!

翌朝は薄切りしたものをちょっと強めにトーストして、
バターとハチミツで。




ざくざくジュワッでトーストも美味しかったです。



【時間の覚え書き/一次発酵18時間として】
お昼ごはん用に焼き上げたい場合、仕込みは前日の15時ころ
晩ごはん用に焼き上げたい場合、仕込みは前日の21時ころ





2015年3月12日木曜日

今年もキャンディークッキー


早いもので、もうすぐホワイトデー。

抱っこくまクッキーを焼いた日からもう一ヶ月、
年度末はどうしてこうあっという間に日々が過ぎてしまうのでしょうね。

友チョコのお返しに、娘たちと今年もキャンディークッキーを作りました。




大きいお花の型がお気に入り。
スウェーデンのSVEICOのものです。




今年も可愛くできました♪

今年は息子がチョコを一個ももらえなかったので、
それだけ残念なのですけれど。。



2015年3月5日木曜日

稜線マグカップ


二度おいしいヒヤシンス。




あっという間に花が咲いてしまったヒヤシンスでしたが、
第一弾が咲き終わってしばらくすると次のつぼみが顔を見せてくれました。

今また春の香りを楽しませてもらっています。


山好きさんにはたまらないと思うマグカップを買いました。




AMETSUCHIの芦田尚美さんのものです。




飲み物の色を楽しめるように内側は白く配慮されているのも好きです。

この山の稜線は芦田さんの工房のある京都の山のイメージだそうですが、

私は1月に行った清泉寮から見えた、




ホテルに迫るようにそびえていた八ヶ岳連峰を懐かしく思い返しています。


一雨ごとに暖かい日が増えて、花粉が気になる季節になりました。
うららかな春が楽しみでもあり、
冬が終わってしまうのが少し寂しくもある今日この頃です。